季節

下北沢の阿波踊り2019の屋台の営業時間や混雑は?交通規制や駐車場も

こんにちは、すみおです。
そろそろ夏休みで各地でお祭りが盛んになってきますね!
今回は下北沢で行われる「阿波踊り」にピックアップして見ました。

屋台の営業時間や混雑状況など気になったことを調べています。
それでは「下北沢の阿波踊り2019の屋台の営業時間や混雑は?交通規制や駐車場も」をご覧ください。

下北沢一番街阿波踊りとは?

毎年8月のお盆の時期(第2週または第3週末)になると、下北沢駅北口にある下北沢一番街商店街を中心に阿波おどりが行われます(今年は8月17、18日に行われます)。
18:30から20:00まで商店街を踊り歩く流し踊りが行われ
20:00から20:30までは決められた 場所(路上)で組踊りが行われます。

下北沢の阿波おどりは「下北沢名物阿波おどり」とも言われ、昭和41年から始まり2019年で第54回となります。下北沢名物として地元に定着するだけではなく、下北沢に阿波おどりありと広く知れ渡り、関東の阿波おどり大会としてはもとより、全国区となりつつあります。

下北沢駅周辺は、昔から若者のまちとして広く知られ、多くの小売店がひしめき合っています。
狭い路地には多くの個性的な店が並び、若者を中心に多くの人で 駅周辺の通りや商店街は賑わっています。
しかし、下北沢は戦後急速に発展したまちであり、昭和39年に下北沢商店街振興組合が結成され、翌40年に下北沢 一番街と商店街の名称が名付けられました。
その翌年から商店街の活性化のために阿波踊りが始まったそうです。

下北沢一番街阿波踊りの基本情報

開催場所や日程また出演される出演連を簡単にご紹介します。

開催場所 下北沢一番街商店街周辺
住所 東京都 世田谷区北沢2丁目37−18
日程 2019年08月17日(土)
2019年08月18日(日)

【 第54回(2019年) 出演連のご紹介 】

次に出演連をご紹介しますね!

8月17日(土)18:30~20:30

  • 下北沢 ひふみ連
  • 下北沢 やっとこ連
  • 下北沢 昭和信用金庫連
  • 東林間 阿呍連
  • 高円寺 しのぶ連
  • 高円寺 東洲斎
  • 高円寺 弁慶連
  • 高円寺 華純連
  • 吉祥寺 寶船連
  • 東京  弐穂連
  • 経堂  むらさき連
  • 三軒茶屋 三茶連
  • 飛び入り連計13連

8月18日(日) 18:30~20:30

  • 下北沢 やっとこ連
  • 下北沢 ひふみ連
  • 東林間 伍楽連
  • 高円寺 しのぶ連
  • 東京  えびす連
  • 高円寺 東洲斎
  • 高円寺 弁慶連
  • 吉祥寺 寶船連
  • 初台  鼓舞流連
  • 大塚  新粋連
  • 小金井 さくら連
  • 飛び入り連計12連

今回出演される地元連

現在ある「下北沢ひふみ連」は昭和48年の設立ということで、ひふみは漢字で書くと「一二三」。
一番街商店街の1区、2区、3区の青年部員が立ち上げたことからこのような名前になったそうです。

下北沢一番街やっとこ連」があります。
メンバーも踊りも若さがあふれています。

まだまだ他にも地元連がたくさんあるので、お気に入りの地元連の阿波踊りを見つけて観覧しにいくのも面白いかもですね!

屋台の営業時間などの情報は?

正式な屋台の数や営業時間は発表されていませんが、下北沢の北口側の下北沢一番街商店街には屋台もたくさん並ぶみたいです。

昼間にはすでに屋台も設営されていて、地元の商店街では祭りが準備がされています。
ホタテ貝焼きや、焼きそば、生ビールなどの飲食物の他に、iPhone を売っているのは驚きですね!
他にも定番のB級グルメだけではなく、下北沢の屋台らしく個性的なグルメを楽しむことができるみたいです。
商店街にはお洒落なバルやビストロもお店もありますので、お酒を飲みながら阿波踊りを観覧するのもいいですね!
こちらはスペインワインと玉子料理と串焼きがメインの大衆スペインバルのお店

交通規制や駐車場は?

阿波踊り当日は比較的道幅のある一番街本通りが一番の中心となり、一番街栄通りとの交差点付近から本部事務所の間がもっとも混雑するようです。

こちらは2年前のものではありますが、今年も同様に交通規制がかかることは間違い無いと思います。

周辺一帯はかなり混雑すると見込まれるので、駐車場は空いていないでしょうし、車の移動自体難しいでしょう。
なので車での来場は避けるのが無難でしょう。
(駅周辺には駐車場はたくさんありますが・・・)

公共交通機関ならJR小田急小田原線の下北沢駅、東北沢駅、池ノ上駅で降りると会場が近いようです。
また近場の方なら自転車の来場もありかもしれません。

2019年3月に茶沢通り沿い井の頭線高架下に新たに『京王サイクルパーク下北沢』がオープン

ただこちらも駐車場と同様で駐輪場も混雑する可能性が高いのと、交通規制がかかっている可能性があるので気をつけてください。
またお酒を飲む方は飲酒運転になりますので、自転車の来場も控えてください。

まとめ:見どころを紹介

最後に見どころ簡単に紹介しますね!
まず、下北沢一番街阿波踊りは、会場場所が商店街であるからこそ、間近で踊りを見ることができるので迫力や臨場感がすごいです。

また、阿波踊りを見るだけでなく、飛び入り連で一緒に踊ることもできます。

他にも下北沢でしか食べれないものが屋台にあったり、周辺エリアでショッピングを楽しんだり、より充実した一日を過ごすことができます。

いかがでしたか?
「下北沢の阿波踊り2019の屋台の営業時間や混雑は?交通規制や駐車場も」で今回ご紹介してきました。

気になった方はぜひ足を運んで見てください。