ニュース

仲邑菫の賞金や年収と成績は?出身地や小学校は?親の仕事や教育法も

こんにちは、すみおです!

大阪市の小学4年生の仲邑菫さんが、囲碁の棋士採用試験に合格し最年少の10歳でプロ入りが決まりましたね!

今回は賞金や年収や成績、出身地や小学校、親の教育方法など調べてみました!

仲邑菫プロフィールまとめ!小学校は?囲碁の成績など

 

[本名] 仲邑菫(なかむら すみれ)

[生年月日] 2009年3月2日

[出身地] 東京都生まれの大阪育ち

仲邑菫さんの現在通われている小学校は大阪市立高見小学校です。
普段は外で友達とボール遊びをして遊ぶのが好きだそうです。
プロ棋士といえど、小学生らしさがあって可愛いですね!

性格は負けず嫌いなところや気が強いところがあるそうで、そこも囲碁にはいいなと思うと同時にきつい部分があるとコメントされています。

実際囲碁の成績はどうなっているのでしょうか。

・仲邑菫さんは3歳から囲碁を始め、7歳から両親とともに韓国に渡り囲碁の修行を始めます。

・2017年に韓国での小学生低学年チャンピョンになり、2019年に韓国棋院のプロ候補生の研究生になりました。

・日本帰国後名人と対局をし、日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」に選ばれました。

 

対局姿勢は、静かに堂々と柔らかく慌てることなく冷静だそうです。
囲碁の成績は一目瞭然ですね!対局の姿勢も小学生らしくない一面ですね!

仲邑菫さんは2019年4月1日からプロ棋士として活動されます。

小学校では小学生らしさがあり、対局ではプロとしての姿勢が見られますね!
記者会見でも「意気込みってなに?頑張ります」と母親に聞くなどと小学生な一面も見れましたね!

 

親の職業は?父親はプロの棋士!?一家揃って囲碁に関わっている!?教育法は?

 

父親はプロ棋士の仲邑信也九段(45)で、母も元インストラクターの高段者、仲邑幸さんです。

仲邑菫さんの教育法は最初に囲碁に興味を持ったのが、仲邑信也九段が囲碁の勉強をしていて、家に碁盤と碁石があったことから両親が囲碁ができるので母親の幸さんが囲碁を教えていたそうです。

実際盤で打ち始めてすぐに9路盤終局できるようになったので、両親は「これは、できるな」と思い毎日対局したそうです。

母親は5、6段と高段者で、両親ともに囲碁に関わっていて仲邑菫さんもその血を受け継いだのですね!

普段の生活での教育法についてはあまり公開されていないようでしたが、囲碁に関してはしっかりとコメントされていましたね。

賞金や年収は?プロになったらどのような活動になる?

 

囲碁棋士の年収はどうゆう風になっているのでしょうか。

固定給と変動給の2つを合わせた金額が囲碁棋士の年収になるそうです。
固定給は段位によって金額が決まっているようですが、成績により1年間の給料が変わってくるそうです。

変動給は対局した結果でもらえる賞金対局料になります。

仲邑菫さんは初段なので3から5万といったところでしょうか。

まだ小学校4年生ですが、対局料はもらえることを小林副理事長は

「プロに年齢は関係ないので、対局料は出します。」

言われています。

対局し、活躍していけば当然どんどん段位が上がりますし、賞金も当然出るということですね!

仲邑菫さんは「中学校のうちにタイトルをとりたい」と言われていますので今後の成績や年収に期待ですね!

まとめ

 

スーパー小学生がでてきましたね!
教育法により小学生でも夢中になれて、すごい才能を発揮するのですね!

また、小学校でも小学生らしい一面もあるのがわかりましたね!
賞金も年齢関係なくでるとのことなので、頑張って欲しいですね!

記者会見も見ましたが目標も高く頑張っていきたいとお話しされていましたので、今後の活躍に期待ですね!

仲邑菫さんは囲碁の毎日を過ごされているので普通の小学生とは違い、厳しい環境かと思うのですが、彼女の前向きな姿勢でつい応援したくなりますね!