レシピ

クリスマスの定番!ブッシュドノエルの作り方!

こんにちは、すみおです。

クリスマスのケーキと言ったらブッシュドノエルですね!

作るのが難しそう・・・と思うかもですが、そんなことありません!
お菓子はポイントを抑えて気をつければ難しいと思っているものも作れちゃいます!

これからクリスマスなので今回はブッシュドノエルの作り方を紹介していきます!

 

ブッシュドノエルとは?

ブッシュドノエルはフランスで生まれたお菓子です。
フランスではクリスマスの夜にブッシュドノエルを食べるのが一般的です。

「ブッシュ」は木の薪、「ノエル」はクリスマスという意味なので、クリスマスならではのケーキということがわかりますね!

では、作り方を見ていきましょう!

 

材料(28×28鉄板1枚)

ロール生地

・卵        3個

・グラニュー糖   80g

・薄力粉      40g

・ココアパウダー  15g

・牛乳       20g

・バター      20g

 

チョコクリーム

・生クリーム    200g

・砂糖       10g

・チョコレート   50g

 

飾り

・ココア      適量

・チョコ      適量

・上に乗せる飾り(なんでもOK)

 

1. 下準備を先にします。
型にはまるようにクッキングシートを敷いておく。
卵は常温に戻しておきます。
薄力粉とココアパウダーは一緒にしてふるっておきましょう。
オーブンは180℃に設定し余熱をしておきます。

 

2. ボウルに卵を入れほぐし、グラニュー糖を入れ混ぜます。

 

3. 湯せんにかけて人肌温度まで温めます。
指を入れて少し暖かい程度でOKです。

 

4. ハンドミキサーで生地がモッタリするまで泡だてます。
ハンドミキサーがなかったらホイッパーで出来ますので、ホイッパーでする時は根気よく立てましょう。
持ち上げて数字の「8」がえがけるようになったらOKです。

 

5. 泡だったら一度ホイッパーでゆっくりとぐるぐる混ぜて泡を均一にします。
ロールケーキはきめ細かい泡の生地になっているので、めが荒いと見た目や食感に影響してきます。

 

6. ふるった粉を3〜5回程度に分けて入れ、泡を潰さないようにさっくり混ぜます。

 

7. 牛乳とバターを一緒の器に入れてレンジでバターが溶けるまで加熱します。
バターの個体が少し残るぐらいで出して、混ぜるとバターも溶けます。
バターは加熱しすぎるとよくないので、加熱しすぎには注意しましょう。

 

5. バターと牛乳の器に少し生地を入れ混ぜなじませましょう。
バターは重たいものになるので生地にそのまま入れてしまうと泡が潰れてしまいます。潰すのを少しでも軽減させるためにしています。

 

6. なじませたバターと牛乳が入った生地を元の生地に戻し、さっくり混ぜ合わせ、ツヤが出るまで混ぜ合わせます。
色が濃くなりすぎないようにしましょう。
色が濃くなるのは泡が潰れている証拠です。

 

7. 鉄板に生地を流し込んで平らにし、底を叩いて気泡を抜きます。

 

8. 180℃で12分焼きます。焼きムラを防ぐために鉄板の向きを6分ぐらいで変えます。

 

9. 焼きあがったらすぐに鉄板から外し、乾燥しないようにラップでピタッとかけて冷まします。

 

10. チョコクリームを作ります。生クリームと砂糖を入れゆるく泡だてたものに、溶かしたチョコを入れ混ぜてます。
中に120gぐらい、残ったクリームは表面用にボウルで分けます。
チョコを入れると凝固してくるので生クリームも泡だてすぎないようにしておきます。
ボウルを分ける意味は、中と表面とで硬さが若干違ってくるので分けてます。

 

11. ロール生地の紙を剥がします
剥がすときに生地を裏返しにし剥ぐと綺麗にとれます。

 

12. 焼き面がクリームを塗る方なので表に返し、クリームを塗っていきます。
巻き始めをクリームが多く、巻き終わりがクリームを薄めに塗り、巻き始めの生地を一度立てるようにし巻いていくと綺麗に巻けます。

 

13. 巻き終わったらラップでぎゅっと包み冷蔵庫でしっかり冷やします。

 

14. 冷えたら両先端を切り落とし、片方を2〜3cm分くらい斜めに切り落とします。こちらが、切り株用になります。

 

15. クリームを全体に塗ってから切り株を乗せて切り株にもクリームを塗ります。塗ったらフォークで表面に模様をつけます。
切り口は綺麗に塗っておくと良いのですが、全体は、フォークで模様をつけるのでそこまで綺麗に塗らなくてもOKです。

 

16. 全体にココアをふり、お好みで飾り付けをします。

 

気をつけること

中のクリームはかなり固めに泡だててくださいツノがピンと立つように。
中は土台になるので崩れてしまわないように固めにしましょう。
表面は塗っているときに生クリームが摩擦で立ってきてしまうので持ち上げたときにツノが立たず落ちてくるぐらいで留めておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一手間かけることにより、美味しくなるポイントがいくつもありました。
ロールケーキは巻くケーキなので巻いたときなどに割れないように、焼きあがった後から気を使う部分がありましたね。

ブッシュドノエルは表面に模様を入れるので綺麗に塗らなくても可愛くできるのがいいですね!
ぜひ、皆さんで楽しく作ってみてくださいね!